彼方からの深音

木花咲耶姫命

瞑想中、身体が熱くなる・・・
いつものごとく、どなたかが来て下さったと察知。
ただ、純粋にそのエネルギーを体感。

その方は、木花咲耶姫命であった。
感謝とともに、意識を集中させていく。
メッセージとともに、エネルギーを受け取る。

初めての感触。感覚。
身体に今まで感じたことのない、また違った種の温かいエネルギーが通っていく。
初めは、お腹に集中。
まるで、湯たんぽでもお腹にあてられているかのよう・・・
そして、今度は左側だけが同じように、エネルギーの流れとともに温かくなった。

この瞑想の中で、「剣」と「印籠」を 木花咲耶姫命より受け取る。
それを我が身にしまった。私の一部となった。

2年位前、木花咲耶姫命が共にいると言われた事がある。
その時実感はなかったが、すごく嬉しかったのを思い出す。
今回は、自身で感じお話できたことに感謝。

今回のことをしっかり受け止め、自身でその意味を認識する必要性を感じる。
ここ数ヶ月の間の出来事と共に、自らの探求が進む。
[PR]
by mine-22 | 2005-09-03 01:34 | 心音☆人としての心
<< 幸せいっぱい・・・ 感謝☆ >>



我、流水の如く、ただ深音(みね)を記す。 流れのままに、心のままに~*
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
お気に入り☆(excite以外)
カテゴリ
最新の記事
普遍なるもの・・・
at 2018-09-16 20:45
氷川神社☆龍神様からのメッセージ
at 2018-07-05 23:23
その命に限りはなし
at 2017-02-21 19:24
豊かさとは。。。
at 2017-02-21 02:33
宇宙という生の計らい
at 2017-01-25 18:03
最新のトラックバック
「Deep River」
from 日光浴
バランス
from 日光浴
白龍
from 伝説の生物辞典
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧